linuxといえば、フィンランドの大学院生によって開発されたOSです。
その後、多くのボランティアによって改良が重ねられていき、現在に至っています。
今となっては、携帯電話やデジタル家電に使われるなど、日本にも多大な影響を与えています。
エンジニアにとっては、知識として持っていなければならないことの一つといえるでしょう。

現在、エンジニア将来性についての話題がたびたび議論されています。
ネット社会の台頭が際立っていることを考えれば、今後にも大きな期待が寄せられていることは間違いありません。
エンジニアに求められるのは、卓越したスキルやノウハウ、豊富な経験といったことはもとより、メンタル面の強さがあることも忘れてはいけません。
刻一刻と変化を遂げる現代社会においては、常にアンテナを高くしておく必要があります。
固定概念に縛られることも成長の勢いを鈍化させることに繋がります。

むろん、エンジニアにも休日がありますので、日ごろの緊張感を解きほぐすことに時間を費やすという人が多いようです。とはいっても、エンジニアの中には、休日も仕事のことが頭から離れず、パソコンの前から離れられないという人もいます。
確かにグローバル化の波が押し寄せていることを考えれば、24時間365日の活動が必要かもしれません。
しかし、心と身体の健康も考えなければ、より良い結果を出し続けていくことの難しくなります。
オンオフの切り替えをきちんとすることで、長く活躍できる職種です。