まだネットワーク技術が世間であまり一般的でない時代から、linuxはネットワークを支えるOSとして用いられてきました。
インターネットを始めとするネットワーク技術が世間に普及した現代こそ、linuxの活躍するチャンスです。

趣味としてlinuxのOSを使いこなしてきた人は、その経験を活かしてlinuxエンジニアとして仕事が始められます。
しかし、いざ仕事を始めてみると、この技術者としての仕事の将来性に心配な面もあります。
気になるのが、linuxエンジニアとしてどこまで実力が通用するのかという点です。
仕事としてlinuxを扱う以上は、プロにふさわしい実力が伴っていなければなりません。
しかし、プロに必要なlinuxの技術水準がどのようなものであるのか、その判別は難しいです。

対策としては、linux技術者の認定試験を受ける方法があります。
世の中には、資格や検定といった制度がよく見られるようになりました。
linuxにおいても、技術者にふさわしい実力を持っているのか、客観的に判別する試験が行われています。
これからlinuxエンジニアとして仕事を始める人、あるいは趣味として普段からlinuxを扱っている人も、linux技術者の認定試験は受けてみる価値があります。
認定試験を受けるには、時間や費用がかかりますが、検定試験を通じてlinuxをコントロールする実力があることが実証されます。
将来性を考えれば、認定試験は受験する価値は十分あると言えるでしょう。
そんな向上心の高いあなたにお勧めしたいサイトのURLを紹介します→→→http://itengineers-future.com/freelance/